momokomotion official blog

日本人。サンフランシスコのアートスクールで遊んだあと、 ミレニアムを祝うために来たタイランドに結局ずっと住んでしまう。 バンコク発エレクトロパンクバンドfutonのオリジナルメンバー。 エイベックストラックスからもアルバム『give me more』が発売された。 2007年にソロ活動開始。『punk in a coma』をインディーリリース。 2008年からは10年以上ぶりの日本で初の国内活動を行う予定。 日本に行きたい理由は日本語が一番上手だと気がついたから。



RELEASE INFORMATION 元FUTONの日本人モモコのソロ プロジェクトmomokomotion (モモコモーション)のデビュー アルバム「パンク・イン・ア・コマ」が バンコクに続き日本に参上! バンコク音楽シーンの中心的 存在のmomkomotionが 送る、タイ人以上にバンコクを 強烈に感じさせる、なのに日本も 感じる、英語、日本語の 叙情的な詩が光るナイスな ロックアルバムの登場です。 momokomotionなりの 桜の歌や、ニルバーナの オール・アポロジーズのカバー収録!


momokomotion
【 Punk In A Coma 】
「通常盤」

1. TOY

2. Ask For The Moon

3. Punk In A Coma

4.Sakura Saku

5.All Apologies

6.Follow Me

7. So Crazy

8 Saturday night

9. Beautiful World

10.Skull

All songs written
by momokomotion
Except all apologies
by Kurt Cobain
「豪華盤日本仕様」
豪華版はアートブックの形をとっており、奈良美智のイラストをもとにしたタイ の現代アーティスト、ウィットの紙工作アートワークを収録!立体の人形を作る ことが出来ます。

カテゴリ:アート( 1 )
黄金町バザール
b0155290_1631238.jpg


黄金町バザールオープニングに行きました。
ハルコザのショップが参加してたのでお邪魔。
デザイナーのハルコさんによリ生み出されたキッチュで面白くて不思議グッズがいっぱい。
イカやクラゲのかたちのバッグ、お菓子でできたジュエリーなど。
私手錠の形のヘンテコサングラス、イカバッグをかけてみました。

黄金町バザールに参加ということで、現場にあった古いテントを再利用して作ったというバッグも売ってました。

b0155290_1682582.jpg


上は、遠藤治郎+ウィットの不思議なお茶室のような空間。
普段、建築家で照明家である治郎くんが仕事に使用する
電球やスイッチなどの工具が並べられていてまるで盆栽のよう。
無機質な電気工具からにじみ出るかわいらしさというか?、それを愛でる感覚がなんとなくわかったような。

b0155290_1624116.jpg


天井にはウィットによる自動回転ブラインド??が。微妙な木漏れ日みたいなものを作り出す電気仕掛けの天井ブラインド、の二重重ね。
太陽光をさえぎりながら、取り入れるっていう絶妙なもの。
入ってくる日差しがたっぷり一年中あるタイ人ならではのアイデアかもね。

ちなみにこの二人のアーティストはこのブログのトップ画像になっている「オーバーヘッドナイトクラブ」を作ったコンビ。いつも自由なアイデア満載のふたりです。

ウィットくんは私のアルバム「Punk in a Coma」のブックレットについてる奈良美智さんの絵(から起こした)立体紙人形を作った人でもあります。

黄金町バザールは、もともといかがわしいお店がひしめいて治安が悪かった黄金町を拠点に、アーティストが実験的な作品をつくることで街を浄化させていくというプロジェクト。
実は、、モモコモーションも2年前参加したんですよ。
これからも面白い作品が生まれていきそうですね。
[PR]
by emm_momoko | 2010-09-11 16:45 | アート