momokomotion official blog

日本人。サンフランシスコのアートスクールで遊んだあと、 ミレニアムを祝うために来たタイランドに結局ずっと住んでしまう。 バンコク発エレクトロパンクバンドfutonのオリジナルメンバー。 エイベックストラックスからもアルバム『give me more』が発売された。 2007年にソロ活動開始。『punk in a coma』をインディーリリース。 2008年からは10年以上ぶりの日本で初の国内活動を行う予定。 日本に行きたい理由は日本語が一番上手だと気がついたから。



RELEASE INFORMATION 元FUTONの日本人モモコのソロ プロジェクトmomokomotion (モモコモーション)のデビュー アルバム「パンク・イン・ア・コマ」が バンコクに続き日本に参上! バンコク音楽シーンの中心的 存在のmomkomotionが 送る、タイ人以上にバンコクを 強烈に感じさせる、なのに日本も 感じる、英語、日本語の 叙情的な詩が光るナイスな ロックアルバムの登場です。 momokomotionなりの 桜の歌や、ニルバーナの オール・アポロジーズのカバー収録!


momokomotion
【 Punk In A Coma 】
「通常盤」

1. TOY

2. Ask For The Moon

3. Punk In A Coma

4.Sakura Saku

5.All Apologies

6.Follow Me

7. So Crazy

8 Saturday night

9. Beautiful World

10.Skull

All songs written
by momokomotion
Except all apologies
by Kurt Cobain
「豪華盤日本仕様」
豪華版はアートブックの形をとっており、奈良美智のイラストをもとにしたタイ の現代アーティスト、ウィットの紙工作アートワークを収録!立体の人形を作る ことが出来ます。

<   2008年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Fancy HIM パーティー
b0155290_15512790.jpg


fancyHIMというパーティーでライブをしました。
このパーティーへの出演をブッキングしてくれたのは実はあの野宮真貴さん。
彼女がmomokomotionのライブをするのにすごくおすすめ!とこのパーティーの
オーガナイザーのヒロムさんとそして私をつなげてくれたのです。

野宮さん曰く、「東京で一番かっこいいパーティー」ということだったんだけど、
ホントに素敵なパーティーで、momokomotionも超お気に入りになりました。
なんと言っても、野宮さんも言ってたけど、このパーティーは新宿2丁目であるゲイピープルによるものなんですが、言ってみると、いろんな人がわんさかいるんです。
ストレートの人も、着飾ったかわいい女の子たちも、おもしろい外人さんたちも。
私は入った瞬間、家に帰ってきたような気持ちに。

バンコクでやっていたバンド、futonもまさにゲイとストレートといろんな国籍のミックスだったし、これまたバンコクで大人気のパーティーDudesweetもゲイの男の子が主催しているんだけど、ストレートの人のほうが多いです。
やっぱりゲイの人が持ってるセンス、ファッションセンスとか音楽のセンスもそうだし、あと一番大切なのはセンス オブ ヒューモア。ユーモアのセンスがあるからいろんなものを巻き込んで行く力があるんですよ。

いわゆる発展場、というのとは違うハイセンスなゲイワールドの魅力は野宮さんのセンスの中にもあるなあと思います。

こういう感覚を共有できる人たちが東京にもいるってことにこれからとっても楽しみな気分になりました。

ライブは私とDr.USUIくんの二人でやりました。
USUI氏はストレートの男の子ですが、彼もゲイカルチャーは大好きな部類なんだそうで、ノリノリでした。
「gayboy」をやれたのがとっても楽しかった〜。これをほんとに新宿2丁目で演れるとは、凄く感慨深いです。




b0155290_15515963.jpg
b0155290_15521659.jpg

[PR]
by emm_momoko | 2008-11-23 14:17
タイでFat Festival
タイのロックフェス、Fatfestivalにまたまた今年もでました。
今年日本に帰ってきたmomokomotionとしてはひさびさにバンコクの子たちに会えるので楽しみに行きました。

今年はDR.USUIくんと二人のステージ。
これがその時の模様。曲はfutonのファーストアルバムに入っている日本語の曲「幽霊バタフライ」です。バンコクではなんと初です。ちょっと音が悪いけどなんとなく雰囲気が伝われば。


バンコクのファンの子たちはほとんどが大学生です。タイ人でmomokomotionの音楽が好きな子はけっこう真面目に音楽聞いてそうなおたくっぽい男の子とか、あとは美大でデザインの勉強をしてそうなアート系少女が多いですねえ。ワルそうな不良はあまりいませんね、、、意外でしょ(笑)

バンコクの大学生は日本の子たちに比べてずいぶん幼いというか、夜にクラブに行ったりとかしないし、お酒もあんまり飲まなくて真面目な子が多いので、こういうフェスはそういう子たちも来られるライブなのでけっこう貴重なものなんですよ。

バンコクはタイ語で歌えないことをきっかけに(タイ語の発音に関してはタイ人はすごーく厳しいので私が歌うとちょっと、、、となります)、テレビやラジオでもうまくタイ語が話せないなあと悩み始め、もういいかな、、、とおもって今年日本に戻ってきて活動をはじめることにしたmomokomotionなんですが、こういう子たちのためにまた音楽をバンコクでも発信していこうかなと改めて思いました。

一緒に行ったDR.USUI氏もバンコクの雰囲気はすごく気に入ったらしく、またライブで行きたいなと思います。
[PR]
by emm_momoko | 2008-11-10 14:56
次のモモコモーションライブ@FancyHIM
次のモモコモーションライブはクールでスタイリッシュ!そして超楽しめる東京で一番熱いエレクトロパーティー「fancyHIM」で。
このパーティーを紹介してくれたのは野宮真貴さん。彼女いわく「どこからともなくおしゃれな子たちがぞくぞくと集まってくる」んだそうです。
ゲイ、ストレート、日本人に外国人と年齢層もバラバラなこういう感じのパーティーは私も大好き。
http://fancyhim.com/

場所は新宿2丁目。
モモコモーションもライブで演奏している「Gayboy」という曲もやっとしかるべき場所?でお披露目になる!!やったあ。
だけど心配なのは衣装です。だって新宿二丁目のエレクトロパーティーならみんなもうすばらしく派手。モモコモーションは一番地味に見えるかも、、、、

b0155290_14461644.gif
b0155290_14503485.jpg

[PR]
by emm_momoko | 2008-11-04 15:00